ゆとり世代の外資系OLがセミリタイアを実現したブログ。

ゆとり世代のゆるふわ女子が、何かのミスで、泣く子も黙る外資系企業に就職してしまい、自分を保つために書きはじめたブログです。他人に人生乗っ取られないようにネ!

◼️環境が変わっただけで、自分への評価が180度変わった。

人を外向型と内向型の2種類に分けるとしたら、私は俗に言う「内向型人間」です。

 f:id:eatmoregreens:20170817153941j:image

外向型人間と内向型人間の違いは、いろいろとありますが、わかりやすいのはその人のエネルギーチャージの方法が、外から供給型か、自家発電かというところでしょうか。

外の世界の人や活動に惹かれて、

社会で活動することでエネルギーを充電する人と、

自分の内部の思考や感情に心惹かれて

1人になることでエネルギーを充電する人がいる

rocketnews24.com

 

ただ、学校や会社、組織内では、外向型人間になるよう教えられます。

私は今思えば完全に内向型なのに、アメリカ資本のガチガチの外資系企業に入社してしまいました。

そこでは、自分の成果を声高に主張をして、上司に気に入られ、どんどん出世していく人が好まれる、もしくは生き残りやすい環境でした。少しの嘘を混ぜて、成果を誇張することや、世渡りのスキルなんかも、立派な才能なんだなあとその時学びました。ただ、私はそういう才能はほぼなく、むしろ職人タイプというか、コツコツ続けることが得意で、自分の性格が完全に裏目に出ていました。

 

当時は自分の性格を変えようと頑張っていましたが、無駄な努力でした。むしろ持っているものを生かすほうが100倍も楽しいし、継続できます。前職は完全にミスマッチだったんだろうな、と今ならわかります。

 

それに加えて、花形部署と言われていた法人営業に配属されたため、ミスマッチに重なるミスマッチで日々、命を削るような気分でした。ただ、思い返すと生き生きと働いている人もいましたし、おそらくその人たちはあの環境が合っていたのでしょう。

 

偏差値の高い大学に入って、大企業に就職するというレールに乗ってきましたが、私は就活の時点で少し間違ってしまったみたいです。もしかしたら内向型人間にも合う会社があるのかもしれないですが、ひとまず今の生活が気に入っているので、このまま続けようと思います。

 

会社勤めはお金を稼ぐ手段であり、他に生活のツテがあれば、犯罪を犯さない限りなんでもいいと思います。ただ、日本にいると、会社勤めしていることが、その人のアイデンティティに大きく関わってきます。そのために、せっかくセミリタイアをしても、理解してくれるコミュニティやパートナーを持たない人は、孤独を感じてサラリーマンへ戻ってしまう人が多いのかもしれません。

 

自分が外向的か、内向的か知りたい人は、下記のチェックリストを確認してみてください。下の項目の内、10個以上当てはまると内向型のようです。お試しアレ!

(私は15個当てはまりました_(:3 」∠)_)

  1. 集団と1:1どちらが好きか
  2. 文章の方が自分を表現しやすい
  3. 一人でいる時間を楽しめる
  4. 落ち着いてるねと言われる
  5. 他人の財産や名声に興味はない
  6. 世間話は苦手だが、内容のある有意義な会話は好き
  7. 聞き上手だと言われる
  8. 大きなリスクを避ける
  9. 邪魔されずに没頭できる仕事が好き
  10. 誕生日は家族や親友など、ごく少数の人たちとすごしたい
  11. 完成するまで作品を見せたくない
  12. 他人と衝突するのが嫌い
  13. 1人でやるほうがなにごとも早い
  14. 考えてから話す
  15. 楽しいことでも外出すると消耗する
  16. 出れる時でも電話に出ないことがある
  17. 忙しい週末よりも、なにもすることがない週末のほうが好き
  18. 一度に1つのことしかできない
  19. 集中するのは簡単
  20. 授業はディスカッション形式よりも講義型のほうがいい

logmi.jp

 

ここまで読んでくれた方は、はてブかfacebook でシェアしてもらえると嬉しいです!(*'ω'*)